• 日付を入力してください

日付を入力してください

到着

出発

到着

出発

今すぐ予約

ブログ

お客様のためのお役立ち情報でございます。

関連記事 : 
ソンクラーン

ロイ・クラトン

ソンクラーン

1年で特別な祭りであるソンクラーンは、4月13日から15日まで開催しています。しかしながら、ある地区は数日早く、または設定日にイベントを催すなどしています。ソンクラーンの語源であるサンスクリット語は「変化・移動」を意味する言葉です。この場合、これは天文学的に太陽が白羊宮(おひつじ座)に入ることを意味します。太陽の天道と新年の門出を認知するインドのマカーサンリティ祭りが発祥となっています。

インドの影響を受け、ソンクラーン祭りは典型的なタイの農法が織り込まれています。この祭典はタイ人を仕事から休ませ、年配の方や先祖を敬わせ、楽しい地方のエンターテイメントに参加することで友人や家族、自然との関係をより高めさせます。古来の伝統では地方の寺院を訪れ、僧侶に食べ物や贈り物をすることを伴うものでした。祈祷者と祈りを受けた聖水は、浄化の過程において僧侶へと注がれ、人々は聖水を受け取って家に持ち帰り、愛する人と共有するものでした。その後、人々は聖水をこっすてはお互いに注ぎ合い、新年のための祈りとしました。

今日も同様に、スコタイ時代でのソンクラン祭りは一般人と王宮の双方で実施されました。文官と政府役人は、殿下が政府の職員に対して給与を与える間、忠誠の誓いを飲むことで殿下への敬意を示しました。

それはサンドパゴダなどのような祭典で紹介された仏陀像が、洪水で水に濡れるアユタヤ時代までありませんでした。今日でも、多くの伝統が受け継がれています。 最近、ほとんどのタイ人は様々なイベントやパレードに合わせてお休みを取り、旅行によい機会となっています。

こちらは、祭典に参加する前に計画を行うための、お客様にとって有用な情報でございます。

場所

Photo credit: ol'pete via VisualHunt / CC BY-NC-ND

家族や友人がいる場所では、必ず祝います。古くからある寺院等、国中の街の至る所で水のかけ合いが行われます。なかでもカオサン通りやローヤル・シティー・アベニュー(RCA)、シーロムとカオサン通りなどはバンコクの水のかけ合いで人気のある場所です。

楽しみ方

Photo credit: shin--k via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

水鉄砲やバケツを持って、笑顔で落ち着いて、お楽しみください:)きれいな水道水が使用されていることを確認して下さい。また、顔に向かってかけたり、自転車やバイクに乗っている人に水をかけたりするのはやめましょう。お酒を飲んでいる人は怒りっぽいかもしれないので、濡れてもよい服を着ましょう。お金と携帯電話が濡れないように、ビニール袋を忘れないでください!

伝統

朝、地元の人々は、僧侶に食べ物の提供のために寺院を訪問し、 それから、仏教の像に水を注ぐという象徴的な儀式を行います。これは罪と悪運を浄化して、洗い流すことを意味します。年長者の手のひらに水をかけることで、年長者への敬意を表しています。

ロイクラトン

ロイクラトンはタイのカラフルな祭りの一つで、この祭りは近代文化の中にある歴史的伝統の美しさを見事に表しています。タイ太陽暦の12月の満月の夜に、仏教徒が年に一度、お祝いします。各年で異なる日となりますが、ほとんど11月に行われます。2015年は11月25日、2016年は11月14日に開催され、そして2017年は11月3日に開催される予定です。

各年で開催日が異なる為、タイの太陽暦をもとに旅行プランを確認するか、または追加情報を得る為に私ども( info@silqbkk.com )までご連絡いただくのがおすすめです。タイでは祝日ではありませんが、この祭典は各コミュニティーからの支援とともに国中で行われます。“Loy”は浮くことを意味し、ここでの“Krathong”はバナナの異なる形の葉とその花を丁寧に飾り立てられた、バナナの幹からいつも作られる小さな浮き舟を指します。さらに豪華なクラトンは、5階以上で直径50cm以上にまで達します。クラトンの最上部には、宗教的に重要な意味を持つ棒とろうそくが置かれます。ロイ・クラトンは、プラ・イースアン(シバ)、プラ・ナライ(ヴィヌス)とプラ・プロム(ブラマ)の異なる三神を信仰する地域の祭典である、古代のバマニック祭りもしくはインディック祭りから由来したものであると考えられています。この祭りの間、人々は紙とろうそくからランタンを作ることで、敬意を示します。150年前のモンクット(ラマ4世)王の働きかけではじめて、仏教徒の祭典として認められました。

今日、祈祷者や幸運を祈る者たちは、クラトンのろうそくに明かりを付けることは、川へと落とした悪運として表しています。怒りにとらわれている者は、まずは心を清めることからはじめます。また、これらはプラマコンカの神聖な水を称えるタイ人にとってよい機会です。

ンカはタイにおけるガンギャとされ、神聖なガンジス川のヒンドゥー教女神でございます。

場所

Photo credit:

人々は、大きな池やバンコクのチャオプラヤー川沿いの場所に集まります。スコータイは、美しい祭典とともにその場所を示すために、クラトンが設置される最初の場所です。ページェント、パレード、クラトン作り競争や市場などのより伝統的なイベントは、チェンマイの週を通して開催されています。

楽しみ方

Photo credit:

川沿いの屋台通りで購入できる、線香、バナナのきの幹、葉花、キャンドルであなた自身のクラトンを作ることができます。ライトまたはろうそくに明かりをつけて、祈りをささげながら、クラトンを流しましょう。天然素材から作られたクラトンだけを流してください。川に落ちないでね!

伝統

Photo credit:

ロイクラトン祭りや花火大会と共にノッパマスコンテストと呼ばれるミス・コンテストもあります。ノッパマス様は、クラトンを初めて流したスコータイ14 世紀の女王と伝えられています。。